スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

大相撲、夏場所2週間延期 7月の名古屋場所も

2020/4/3 18:56
保存
共有
印刷
その他

日本相撲協会は3日、東京都墨田区の両国国技館で臨時理事会を開き、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、5月10日に初日を予定していた大相撲夏場所(両国国技館)を2週間延期することを決めた。5月24日を初日とし、千秋楽は6月7日の想定。名古屋場所(ドルフィンズアリーナ)も2週間ずらし、7月19日が初日、8月2日を千秋楽に変更した。

日程の延期はゴールデンウイークの時期を避けて1週間遅らせた2013年夏場所以来。夏場所に関しては、通常開催を目指しながら無観客実施や中止などの可能性を含め、状況に応じて変更を検討していく。縮小開催も選択肢の一つというが、具体的な形式は未定。入場券販売は見合わせており、番付発表を予定通り4月27日に行う。

臨時理事会後の師匠会では、各部屋の師匠に改めて感染予防対策の徹底を通達。史上初めて無観客で開催した3月の春場所の際と同様、力士ら協会員に朝晩の検温を義務付け、感染者が出た場合の対処法も説明した。報道陣に対しては、相撲部屋へ赴いての取材を4日以降禁止し、電話で取材するよう通達した。

記者会見する日本相撲協会の八角理事長(3日午後、東京・両国国技館)=共同

記者会見する日本相撲協会の八角理事長(3日午後、東京・両国国技館)=共同

記者会見した八角理事長(元横綱北勝海)は「状況が日に日に良くなっているとはいえない状況の中で、開催するにはどうしたらいいかということで2週間延期を決めた。(今後も)状況を見極めながら最善の方法を探していく」と話した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

 日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は5日、協会員に5月18日から実施している新型コロナウイルスの感染歴などを調べる抗体検査の途中結果で、5日時点では抗体検出の報告がないことを明らかにした。 …続き (5日 20:10)

稽古する朝乃山(東京都墨田区の高砂部屋)=日本相撲協会提供・共同

 大相撲の新大関朝乃山が2日、7月場所(7月19日初日・両国国技館)へ向け、1日から相撲を取る稽古を再開したことを明らかにした。報道陣の質問に日本相撲協会広報部を通じて回答し「楽しかった。ここからまた …続き (2日 20:07)

 日本相撲協会は29日、新型コロナウイルス感染防止対策として、改めて原則的な外出禁止などを各部屋に通達した。芝田山広報部長(元横綱大乃国)が明らかにした。
 25日に緊急事態宣言が全面解除されたが、流行 …続き (29日 18:49)

ハイライト・スポーツ

[PR]