/

奥原・桃田ら4強入り バドのジャパンOP

2020年東京五輪のテスト大会を兼ねたバドミントンのジャパン・オープンは26日、調布市武蔵野の森総合スポーツプラザで各種目の準々決勝が行われ、女子シングルスで世界ランキング3位の奥原希望(太陽ホールディングス)がニッチャオン・ジンダポル(タイ)に2-1で逆転勝ちし、シンドゥ・プサルラ(インド)を2-0で下した同2位の山口茜(再春館製薬)とともに準決勝に進んだ。

男子シングルス準々決勝でインドネシア選手と対戦する桃田賢斗(26日、武蔵野の森総合スポーツプラザ)=共同

男子シングルス世界1位で2連覇を目指す桃田賢斗(NTT東日本)は同8位のアンソニーシニスカ・ギンティン(インドネシア)に2-1で競り勝って4強入りした。

ダブルスで女子の高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)は中国ペアを、永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)は志田千陽、松山奈未組(再春館製薬所)を退けてベスト4入り。昨年覇者で世界1位の福島由紀、広田彩花組(アメリカンベイプ岐阜)は敗退した。男子は園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)が準決勝に進出した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン