/

金藤が引退会見 リオ五輪競泳女子200平で金

引退記者会見で笑顔を見せる、リオ五輪競泳女子200メートル平泳ぎ金メダルの金藤選手(16日午後、岐阜県庁)=共同

7日に現役引退を発表した2016年リオデジャネイロ五輪競泳女子200メートル平泳ぎ金メダルの金藤理絵選手(29)=Jaked=が16日、岐阜県庁で記者会見し「1年半休んだ状態で、20年東京五輪にたとえ出ることができても(頂点へ向けて)戦えるまでのコンディションに戻すのは不可能」と緊張した面持ちで理由を説明した。

東海大水泳部の先輩と昨年結婚した金藤選手は4月の日本選手権を前に「きちんと答えを出さないといけない時期だと思って決断した」という。一方で「さみしい気持ちもある。すっきりしたという感情は生まれていない」と複雑な心境も吐露した。

最後のシーズンと決めて臨んだリオ五輪後は長年師事した加藤健志コーチ(52)から現役続行を勧められ、揺れてきた。自身が不在だった日本代表が金メダルなしに終わった昨夏の世界選手権の際、加藤コーチから「おまえが出て他の選手を引っ張ってあげたら、また違う結果があったんじゃないか」と言われたという。それでも気持ちをかき立てられず、引退へ傾いていった。

腰痛に苦しむなど不遇の時期も長かった競技人生を送った遅咲きのスイマー。最も思い出に残ったレースには27歳の時、200メートル平泳ぎで2分19秒65の日本記録をマークした16年の日本選手権を挙げた。今後は岐阜県内で定期的に水泳教室などを行い「選手と指導者の懸け橋になれたらいい」と前を見据えた。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン