/

21歳の石坂が首位浮上 ダンロップ男子ゴルフ第2日

ダンロップ・フェニックス第2日(20日・宮崎県フェニックスCC=7042ヤード、パー71)今季からツアーに本格参戦した21歳の石坂友宏が5バーディー、ボギーなしの66で回り、通算9アンダーの133で首位に立った。1打差の2位に金谷拓実、ガン・チャルングン(タイ)が続いた。

さらに1打差の4位は2018年大会覇者の市原弘大ら3人が並んだ。前日首位の重永亜斗夢は74とスコアを落とし、通算3アンダーの20位に後退。今平周吾は2アンダーで28位、石川遼は1アンダーの36位だった。3オーバーまでの68人が決勝ラウンドに進んだ。(出場84選手=アマ4、曇り、気温23.0度、西の風8.0メートル、無観客)〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン