/

大坂なおみ、途中棄権で1次L敗退 WTAファイナル

キキ・ベルテンスと対戦する大坂なおみ。途中棄権で敗退した(26日、シンガポール)=共同

【シンガポール=共同】女子テニスの年間成績上位8人、8組によるWTAファイナル第6日は26日、シンガポールで行われ、シングルスの1次リーグA組最終戦では2連敗で迎えた世界ランキング4位の大坂なおみ(日清食品)が同9位で1勝1敗のキキ・ベルテンス(オランダ)と対戦し、第1セットを3-6と落としたところで途中棄権して敗退が決まった。

世界2位で1勝1敗のアンゲリク・ケルバー(ドイツ)と同6位で2連勝のスローン・スティーブンス(米国)も顔を合わせる。

1次リーグは4人ずつ2組に分かれて総当たりで争われ、各組上位2人が準決勝に進む。B組はエリナ・スビトリナ(ウクライナ)が1位、カロリナ・プリスコバ(チェコ)が2位で通過した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン