/

五輪馬術、大岩義明が出場へ 4大会連続

日本馬術連盟は25日、東京五輪の代表選手を発表し、総合馬術は大岩義明(nittoh)が2008年北京五輪から4大会連続で代表入りした。田中利幸(乗馬ククレイン)戸本一真(日本中央競馬会)も選ばれた。

障害飛越は北京五輪代表の佐藤英賢(ポールショッケメーレ厩舎)と16年リオデジャネイロ五輪代表の福島大輔(STAR HORSES)が2度目の五輪に選出された。残る1枠を、日本選手単独最多となる7度目の夏季五輪出場が懸かる杉谷泰造(杉谷乗馬ク)と斎藤功貴(北総乗馬ク)が7月2日に欧州で行われる競技会で争う。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン