2019年7月22日(月)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

鶴竜・白鵬が全勝守る、1敗に高安ら 名古屋場所6日目

2019/7/12 19:00
保存
共有
印刷
その他

大相撲名古屋場所6日目(12日・ドルフィンズアリーナ)両横綱は全勝をキープ。鶴竜は遠藤、白鵬は碧山をともにはたき込んだ。

白鵬がはたき込みで碧山を下す(12日、ドルフィンズアリーナ)=共同

白鵬がはたき込みで碧山を下す(12日、ドルフィンズアリーナ)=共同

大関陣は高安が大栄翔をはたき込んで5勝目。豪栄道は正代に寄り切られて3敗目を喫した。5日目まで白星なしと不振の栃ノ心は休場。関脇御嶽海は新小結竜電を押し出して4勝目を挙げ、関脇玉鷲は朝乃山を押し出して初勝利。

全勝は両横綱だけとなり、1敗で高安、平幕の逸ノ城、炎鵬ら5人が追う展開となった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

名古屋場所千秋楽から一夜明けの記者会見で写真撮影のポーズをとる、6度目の優勝を果たした横綱鶴竜(22日、名古屋市内のホテル)=共同

 大相撲名古屋場所で7場所ぶり6度目の優勝を果たした横綱鶴竜(33)=モンゴル出身、井筒部屋=が千秋楽から一夜明けた22日、名古屋市内のホテルで記者会見し「すごくいい気分で目が覚めた。いつも以上に集中 …続き (10:07)

「これまでとはひと味違う優勝」と喜ぶ鶴竜。横綱在位32場所は千代の山と並ぶ史上10位となった=共同

 優勝を懸けた横綱対決は期待にたがわぬ熱戦となった。技とスピードが詰まった41秒、上回ったのは鶴竜だ。
【鶴竜、7場所ぶり6度目V 大相撲名古屋場所】
 白鵬得意の左上手を引かれたが、投げに巻き替えと先に …続き (0:03)

 大相撲名古屋場所千秋楽(21日・ドルフィンズアリーナ)1敗で単独首位の鶴竜が結びの一番で、ただ一人2敗で追っていた白鵬との横綱対決を寄り切りで制し、14勝1敗として7場所ぶり6度目の優勝を果たした。 …続き (21日 19:35)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。