2018年11月16日(金)
スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

ボクシング山中竜也が引退 WBO前王者、硬膜下血腫で

2018/8/31 16:14
保存
共有
印刷
その他

ボクシングの真正ジムは31日、世界ボクシング機構(WBO)ミニマム級前王者の山中竜也(23)が現役を引退すると発表した。2度目の防衛に失敗した7月の試合直後に病院に搬送され、急性硬膜下血腫と診断された。手術はせず退院した。

神戸市内で記者会見した山中は「最初は受け止められなかった。30歳まではできると思っていた」と悔しさをにじませつつ「思ったより早いなとは思うが、周りの方に支えてもらって本当に感謝」と語った。今後については未定という。

日本ボクシングコミッションの規定で、硬膜下血腫などの頭蓋内出血と診断された場合、ライセンスが自動的に失効すると定められている。山中は2012年6月にプロデビューし、昨年8月に王座を獲得。戦績は19戦16勝(5KO)3敗。〔共同〕

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

世界選手権から帰国した空手の喜友名諒(前列中央)、宮原美穂(中列右から4人目)ら日本代表(13日午後、羽田空港)=共同

 マドリードで行われた空手の世界選手権の男子形で3連覇を達成した喜友名諒(劉衛流龍鳳会)ら日本代表が13日、羽田空港に帰国して取材に応じ、喜友名は「いつも通り、優勝を目指して稽古してきたことが3連覇に …続き (13日 21:05)

ベルトを肩に掛けてVサインを見せる2階級制覇の亀田和毅(13日、東京都新宿区)=共同

 世界ボクシング評議会(WBC)スーパーバンタム級暫定王座に就いた亀田和毅(協栄)が試合から一夜明けた13日、東京都内のジムで記者会見し「(WBC本部の)メキシコに15歳で渡って、小さい時から夢だった …続き (13日 16:07)

兄の興毅氏(左)、大毅氏(右)とベルトを肩に記念写真に納まる亀田和毅(12日、東京・後楽園ホール)=共同

 世界ボクシング評議会(WBC)スーパーバンタム級暫定王座決定戦12回戦が12日、東京・後楽園ホールで行われ、同級2位の亀田和毅(協栄)が同級1位のアビゲイル・メディナ(スペイン)を3―0の判定で破り …続き (12日 22:35)

ハイライト・スポーツ

[PR]