/

世界フィギュアは24年3月 スケート主要大会の日程発表

国際スケート連盟(ISU)は3日、2022~23年シーズンから2季の主要国際大会の暫定的な日程を発表し、フィギュアスケートは24年3月にモントリオールで世界選手権が開催されることになった。同2月には四大陸選手権(開催地未定)が行われる。

スピードスケートは24年2月にカルガリーで距離別の世界選手権を実施。同3月にはドイツのインツェルでオールラウンド部門とスプリント部門の総合成績で争う世界選手権、青森県八戸市で世界ジュニア選手権が入った。

ショートトラックの世界選手権は23年3月にソウル、24年3月にオランダのロッテルダムで行われる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン