2019年9月22日(日)
スポーツ > ゴルフ > ニュース > 記事

ゴルフ

石川・藤田ら首位発進 ゴルフ日本プロ選手権

2019/7/5 20:50
保存
共有
印刷
その他

日本プロ選手権第1日(5日・鹿児島県いぶすきGC=7212ヤード、パー71)プロゴルファー日本一を決める国内三大大会第2戦。3季ぶりのツアー優勝を目指す27歳の石川遼が7バーディー、1ボギーの65をマークし50歳の藤田寛之、韓国の黄重坤とともに首位発進した。

2番でティーショットを放つ石川遼。6アンダーで首位(5日、いぶすきGC)=共同

2番でティーショットを放つ石川遼。6アンダーで首位(5日、いぶすきGC)=共同

1打差の4位に昨季賞金王の今平周吾、2006年大会優勝の近藤智弘、時松隆光、北村晃一ら7人が並んだ。前週優勝の星野陸也は67で11位、堀川未来夢は68で24位。昨年優勝の谷口徹は72で96位と出遅れた。(賞金総額1億5千万円、優勝3千万円、出場144選手、曇り、気温29.2度、南南西の風2.3メートル、観衆1465人)〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

ゴルフのコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

ゴルフ 一覧

第2日、16番でティーショットを放つ鈴木愛。通算9アンダーで3位=共同

 グリーン上の出来不出来が、鈴木の“スマイルマーク”のバロメーター。ボギーなしの69の初日は4~5メートルのパットが入らないと言って口をとがらせていたが、「久しぶりにパットが決まってくれた」と頬が緩ん …続き (21日 19:55)

第3日、15番でティーショットを放つ今平周吾。通算9アンダーで2位(21日、ベアーズベストチョンナGC)=共同

 シンハン・ドンヘ・オープン第3日(21日・韓国・ベアーズベストチョンナGC=7238ヤード、パー71)26歳で昨季の国内ツアー賞金王の今平周吾が6バーディー、3ボギーの68で回り、ジェイブ・クルーガ …続き (21日 17:28)

第2日、3番でショットの行方を見つめる渋野日向子。通算5アンダーで20位(21日、新南愛知CC)=共同

 デサント東海クラシック第2日(21日・愛知県新南愛知CC=6437ヤード、パー72)首位タイから出た今季3勝の申ジエ(韓国)が68と伸ばし、通算13アンダーの131で単独トップに立った。3打差の2位 …続き (21日 16:47)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。