/

元代表GK川口、J2岐阜退団 現役続行を表明

J2岐阜は27日、元日本代表GK川口能活(40)と来季の契約を更新しないと発表した。退団が決まった川口はクラブを通じ「まだまだ現役で頑張りたいので、他のチームに行っても応援してほしいです」と現役続行の意思を表明した。今後は移籍先を探す。

川口は静岡・清水商高(現清水桜が丘高)から1994年に横浜Mに入団。海外クラブを経て、2005年に磐田入り。14年から岐阜でプレーしたが、2季目の今季は6試合の出場にとどまった。川口は「感謝の気持ちしかありません。チームに貢献することはできなかったが、2年間楽しかったです」とコメントした。

川口は98年フランス大会から10年南アフリカ大会まで4大会連続でワールドカップ(W杯)の代表に選ばれた。J1では通算421試合、J2では通算43試合、国際Aマッチでは通算116試合に出場。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン