/

山本浩二氏、がん闘病を告白 広島元監督

広島元監督で日本代表でも指揮を執った山本浩二氏(73)が7日、宮崎市で行われている巨人のキャンプを視察し、昨年にぼうこうがんと肺がんで手術を受け、闘病していたことを明らかにした。「二つのがんにやられて、4回手術をした。おかげさまでこうして元気。自分では信じられないくらいの一年だった」と明るい表情で話した。現在は回復し、日常生活に支障がないという。

巨人キャンプを訪れ、原監督(手前)と談笑する山本浩二氏(7日、宮崎)=共同

プロ野球に関係する場へ公に姿を現すのは昨年4月以来だという。今後は解説などの仕事に復帰する予定。原辰徳監督と談笑し「こうしてキャンプに来ることがまた一つの活力になる。入院していてもシーズン中でしょっちゅうテレビも見ていて、前よりちょっと詳しくなったかも分からんぞ」と笑顔をのぞかせた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン