/

日本、ラグビー南半球4カ国対抗に参戦要望 24年以降に

日本ラグビー協会の森重隆会長は1日、ニュージーランド、南アフリカ、オーストラリア、アルゼンチンの強豪国で競う南半球4カ国対抗の主催団体に対し、2023年ワールドカップ(W杯)フランス大会後の24年以降に日本が参加したい意向があることを伝えた。

森会長は清宮克幸副会長らを伴って東京都内で団体幹部と会談した後、取材に応じた。3カ国対抗で行われていた大会に、07年W杯で3位と躍進したアルゼンチンが12年から加入したことを例に挙げ「(次回のW杯でも)ベスト8に入れるようなチームをつくれたら挑戦したい」と語った。

南半球のクラブチームで構成される世界最高峰リーグ、スーパーラグビーから20年シーズンを最後に除外される日本チームのサンウルブズについても、21年シーズン以降も続けて参加したい考えを伝えた。3月に除外が決まった際に継続参戦の条件とされた年間約10億円の費用負担を再び要求されたそうで、森会長は「お金をどうするかが難しいところ」と資金面の課題を口にした。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン