スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

井上尚弥「この傷がうれしい」 WBSS優勝から一夜明け

2019/11/8 17:56
保存
共有
印刷
その他

世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)バンタム級統一王者で26歳の井上尚弥(大橋)がワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)優勝から一夜明けた8日、横浜市内で記者会見し「一区切りついてほっとした。この傷がうれしい」と右目上を5針縫う傷を負った激闘の余韻に浸り、笑顔を見せた。

優勝トロフィーを手に笑顔を見せる、WBA、IBFバンタム級統一王者の井上尚弥(8日、横浜市の大橋ジム)=共同

優勝トロフィーを手に笑顔を見せる、WBA、IBFバンタム級統一王者の井上尚弥(8日、横浜市の大橋ジム)=共同

11回に世界5階級制覇のノニト・ドネア(フィリピン)からダウンを奪っての判定勝ち。プロで初めて強打を浴びてふらつくピンチを乗り越え「(2歳の)息子の存在があったから持ちこたえられた。しばらくは家族との平和な日常が戻るうれしさをかみしめたい」と話した。

米興行大手トップランク社と契約。次戦は海外となる見込みで「まだやりたい選手がいる」と、弟拓真(大橋)を退けた世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級王者ノルディーヌ・ウバーリ(フランス)らを標的に挙げた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

優勝トロフィーを手にする(左から)形男子の喜友名諒、組手男子の五明宏人、形女子の清水希容、組手女子の斉藤綾夏(8日、高崎アリーナ)=共同

 空手の全日本選手権最終日は8日、群馬県の高崎アリーナで行われ、形で東京五輪の代表に確定している男子の喜友名諒(劉衛流龍鳳会)が史上最多に並ぶ8連覇、女子の清水希容(ミキハウス)が7連覇をそれぞれ達成 …続き (8日 18:53)

東京五輪予選の出場権を獲得し、記念写真に納まる(左から)フライ級の並木月海、フェザー級の入江聖奈、ライト級の級の浜本紗也、ウエルター級の鬼頭茉衣、ミドル級の津端ありさ(8日、東洋大総合スポーツセンター)=共同

 ボクシング女子の東京五輪予選出場権を懸けたプレーオフが8日、東京都板橋区の東洋大総合スポーツセンターで行われ、フライ級は並木月海(自衛隊)、フェザー級は入江聖奈(日体大)、ライト級は浜本紗也(日大) …続き (8日 18:52)

マーロン・タパレス(右)を攻める岩佐亮佑(7日、ニューヨーク)=ゲッティ共同

 【ニューヨーク=共同】国際ボクシング連盟(IBF)スーパーバンタム級暫定王座決定戦は7日、ニューヨークで行われ、同級1位で29歳の岩佐亮佑(セレス)が同級3位のマーロン・タパレス(フィリピン)を11 …続き (8日 13:10)

ハイライト・スポーツ

[PR]