2019年3月21日(木)
スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

井上康生監督「全選手が金目指す」 世界柔道へ抱負

2018/9/14 17:28
保存
共有
印刷
その他

20日開幕の柔道の世界選手権(バクー)に臨む日本代表の男女両監督が14日、東京都文京区の講道館で記者会見し、男子の井上康生監督は「全ての選手が金メダルを目指して闘う。その力は十分に持っている」と抱負を述べた。

男子は66キロ級で21歳の阿部一二三(日体大)ら4人が昨年王者。「新たな力が肉付けされた姿を見られることを楽しみにしている」と期待を込めた。100キロ超級で22歳の小川雄勢(明大)ら初出場の若手については「自分らしさを精いっぱい出せる環境づくりをしたい」と語った。

昨年3階級で優勝した女子は8月、2番手以下が出場したジャカルタ・アジア大会で6階級を制覇。増地克之監督は「下から追い上げる選手がかなり力をつけている。強い気持ちで闘ってほしい」と競争心をあおった。

2020年東京五輪の代表争いは徐々に本格化する。全日本柔道連盟の金野潤強化委員長は「海外勢は五輪が近づくほど本気度が増す。ここで勝ちきることが19年、20年につながる」と今大会の結果の重要性を強調した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

世界初挑戦が決まり、ポーズをとるIBFスーパーフライ級1位の船井龍一(20日、東京都品川区のワタナベジム)=共同

 国際ボクシング連盟(IBF)スーパーフライ級1位の船井龍一(ワタナベ)が5月4日に米カリフォルニア州ストックトンで同級王者ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)に挑戦すると20日、所属ジムが発表した …続き (20日 19:38)

「ゴジラジャパン」の発表記者会見で記念写真に納まる柔道日本男子の井上康生監督(中央)ら。右は女子の増地克之監督(19日午後、東京都内)=共同

 全日本柔道連盟は19日、日本代表の愛称を「ゴジラジャパン」とすると発表した。日本発祥の柔道の伝統や力強さなどのイメージが、今年で誕生65年を迎えて国際的な認知度もあるゴジラと共通点があると説明。ゴジ …続き (19日 20:02)

柔道GS大会から帰国し、取材に応じる永瀬貴規(19日、成田空港)=共同

 柔道のグランドスラム(GS)エカテリンブルク(ロシア)大会に出場した日本代表が19日、成田空港に帰国し、2016年リオデジャネイロ五輪男子81キロ級銅メダルの永瀬貴規(旭化成)は2位に終わり「(決勝 …続き (19日 10:45)

ハイライト・スポーツ

[PR]