スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

新大関の朝乃山「下半身鍛える」 夏場所延期、稽古に没頭

2020/4/3 18:58
保存
共有
印刷
その他

大相撲の新大関朝乃山は3日、東京都墨田区の高砂部屋で稽古を行い、徹底的に下半身強化に取り組んだ。四股やてっぽうで汗を流してから55キロの砂袋を担ぎ、腰をしっかり下ろしてすり足に励んだ。新型コロナウイルスの感染拡大により春巡業が中止。巡業では持ち運べない砂袋を活用し、体を鍛え直している。

砂袋を担いですり足に励む朝乃山(3日、東京都墨田区の高砂部屋)=共同

砂袋を担いですり足に励む朝乃山(3日、東京都墨田区の高砂部屋)=共同

仕上げのぶつかり稽古では勢いよく当たった。大関昇進を決めた春場所では白鵬、鶴竜の2横綱に敗れ、特に白鵬には立ち合いから圧倒された。「体は申し分ないと言われるけど技も必要。心技体がそろわないと横綱には勝てない」と話した。

ウイルス禍により5月の夏場所は初日が2週間延期となり、開催そのものが流動的。それでも26歳の新大関は不急不要の外出を自粛し、稽古に没頭している。「立ち合いの鋭い踏み込みや瞬発力が大事。そのために下半身を鍛える。前に出れば、自分の持ち味が生きる」と引き締まった表情で課題に向き合っていた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

 日本相撲協会は13日の臨時理事会で、師匠の中川親方(元幕内旭里)が弟子3人に対して暴力や暴言などの不適切な指導をしたとして、中川部屋の閉鎖を決めた。中川親方は委員から平年寄へ2階級の降格処分とし、所 …続き (18:08)

無観客で開催した大相撲春場所


 日本相撲協会は13日、東京・両国国技館で臨時理事会を開き、名古屋から東京へ会場を移した大相撲7月場所(19日初日・両国国技館)について2500人程度の観客を入れて開催することを決めた。新型コロナウイ …続き (18:06)

 例年は11月の大相撲九州場所後に実施される冬巡業が、新型コロナウイルスの影響で今年は取りやめの見通しであることが11日、日本相撲協会関係者の話で分かった。春と秋の巡業は中止で、夏は予定がなく、今年は …続き (12日 2:00)

ハイライト・スポーツ

[PR]