スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

北の湖理事長が休場 持病の貧血で入院

2015/11/20 17:31
保存
共有
印刷
その他

日本相撲協会は大相撲九州場所13日目の20日、北の湖理事長(元横綱)が貧血で休場すると発表した。14日目以降も休場するかどうかは当日の状態で判断する。協会関係者によると、同理事長は19日夜に持病の貧血の症状を訴え、20日朝に救急車で福岡市内の病院に運ばれて入院。血圧も低下したが、点滴治療などで容体は安定したという。

玉ノ井広報部副部長(元大関栃東)は「後半戦に入って疲れが出たのだろう」と述べた。理事長本人は、体調に問題がなければ残り2日の本場所に復帰する意向を示している。千秋楽恒例の協会あいさつや表彰式は腰痛により辞退し、初日と同じく八角事業部長(元横綱北勝海)が代行する予定。

北の湖理事長は腎臓に尿がたまる両側水腎症で7月の名古屋場所も途中休場した。体調面に不安を抱えているが、九州場所は初日から勤務して報道対応などを連日こなしていた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

 日本相撲協会は26日、福岡から東京へ会場を移して開催される大相撲11月場所(8日初日、両国国技館)の新番付を発表し、秋場所で初優勝した新大関の正代は東の2番目に就いた。先場所、西前頭筆頭で10勝を挙 …続き (6:00)

 大相撲の大関朝乃山は22日、東京都墨田区の高砂部屋で稽古し、報道陣の電話取材に応じた。幕下力士と15番ほど取ったといい「感覚は戻ってきた。26日には番付発表なので、気持ちも高めていく」と言葉に力を込 …続き (22日 20:18)

合同稽古を終え、記念撮影する白鵬=後列中央(22日、両国国技館の相撲教習所)=代表撮影・共同

 大相撲11月場所(11月8日初日・両国国技館)に向け、出稽古希望者を対象とした合同稽古は22日、最終日を迎え、横綱白鵬や関脇御嶽海ら関取8人が国技館内の相撲教習所で汗を流した。これまで参加していた新 …続き (22日 18:09)

ハイライト・スポーツ

[PR]