/

ポスティング申請期間開始 DeNA筒香が移籍目指す

海外フリーエージェント(FA)権を取得する前にプロ野球12球団の所属選手が米大リーグ移籍をする際に利用するポスティングシステムの申請手続き期間が1日、スタートした。12月5日に締め切られる。DeNAの筒香嘉智外野手が同制度での移籍を目指している。

プロ野球の各球団が所属選手のポスティング制度利用を認めた場合、日本野球機構(NPB)を通じて米大リーグ機構(MLB)に契約可能選手として通知される。2017年12月に発効した現行の協定では、選手は米大リーグ全球団と交渉可能で、契約が成立すれば契約金と年俸の総額に応じて日本球団への譲渡金の額が決まる。昨オフは菊池雄星投手がこの制度を利用し、西武からマリナーズへ移籍した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン