2018年10月22日(月)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

二所ノ関親方の九州場所「厳しい」 日本相撲協会

2017/10/20 22:33
保存
共有
印刷
その他

日本相撲協会の春日野広報部長(元関脇栃乃和歌)は20日、頭部の手術を19日に受けて入院中の二所ノ関審判部長(元大関若嶋津)が九州場所(11月12日初日・福岡国際センター)で職務を果たすのは厳しいとの見通しを示した。

春日野広報部長は、二所ノ関部屋付きの湊川親方(元小結大徹)から電話で報告を受けた。「11月は代役を立てないと難しいと思う。来週あたりに考えないといけない。一命を取り留めたのは良かった」と話した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

 18日に右膝の骨片を摘出する内視鏡手術を受けた大相撲の横綱白鵬が20日、東京都内の病院を退院した。松葉づえをついて歩く状態で、患部を気にしながら車に乗り込んだ。九州場所(11月11日初日・福岡国際セ …続き (20日 16:43)

 18日に右膝の骨片摘出の内視鏡手術を受けた大相撲の横綱白鵬が、四股などの基本運動を再開するのは九州場所(11月11日初日・福岡国際センター)の新番付が発表される29日以降の見込みとなった。師匠の宮城 …続き (19日 16:56)

秋巡業に臨んだ関脇御嶽海(18日、大阪府池田市)=共同

 大相撲の秋巡業は18日、大阪府池田市で行われ、秋場所で9勝にとどまり、場所後の大関昇進を逃した関脇御嶽海は、2日続けて横綱稀勢の里と稽古で相撲を取った。横綱から連日の指名に「本当にいい稽古。いい胸を …続き (18日 16:48)

ハイライト・スポーツ

[PR]