/

大相撲、合同稽古開始 白鵬や正代ら9関取参加

大相撲11月場所(11月8日初日・両国国技館)に向け、出稽古希望者を対象とした異例の合同稽古が16日、国技館内の相撲教習所で始まり、横綱白鵬や新大関正代、大関貴景勝ら9人の関取が参加した。新型コロナウイルスの影響で3月の春場所後は出稽古が禁止となり、他の部屋の力士同士が稽古場で手合わせするのは約7カ月ぶり。

合同稽古に参加した白鵬(左)と正代(16日、両国国技館の相撲教習所)=共同

右膝負傷で2場所連続休場中の白鵬は踏み込みを確認したり、ぶつかり稽古で正代に胸を出したりした。コロナ禍での貴重な機会に「気持ち良かった。本当にありがたい」と感謝した。

大関同士の稽古では、貴景勝が正代に6勝4敗と意地を示した。「(成長の)チャンスなので無駄にしないようにやっていきたい」と自らに言い聞かせ、正代は「出稽古の良さを実感した。(部屋とは)違った緊張感もあるので、いい刺激になる」とうなずいた。

合同稽古は22日まで行われ、力士はPCR検査を受けて参加する。出稽古再開については複数の関取から要望する声が上がっていた。監督責任者の花籠教習所長(元関脇太寿山)は「新しい(出稽古の)形。前進して良かった」と話した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン