/

東京五輪「日本は金30個で世界3位」 米民間予測

【ジュネーブ=共同】スポーツデータの分析、提供を行うデータ専門会社、グレースノート(本社・米国)は24日、開幕半年前となった東京五輪のメダル予測を発表し、日本の金メダル獲得数は世界3位の30個、メダル総数は同4位の65個でいずれも過去最多とした。これまで「金」は1964年東京大会と2004年アテネ大会の16個、総数は16年リオデジャネイロ五輪の41個が最多。

金メダルは柔道で男子100キロ超級の原沢久喜(百五銀行)や同66キロ級の丸山城志郎(ミキハウス)、女子78キロ超級で代表入りした素根輝(環太平洋大)ら混合団体を含めて15種目中、最多13個。空手が形で男子の喜友名諒(劉衛流龍鳳会)と女子の清水希容(ミキハウス)、組手で女子61キロ超級の植草歩(JAL)の計3個で続いた。

2個の競泳は瀬戸大也(ANA)が200メートルと400メートルの個人メドレーで2冠、バドミントンは男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)と女子ダブルスの永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)と予想し、トランポリン女子の森ひかる(金沢学院大ク)や野球とソフトボールも挙げた。

日本オリンピック委員会(JOC)は「金」目標を30個に設定し、世界3位を目指している。同社はリオ五輪以降の主要大会での競技結果を分析して算出。米国が金47個を含む117個のメダル獲得で1位、中国が金43個を含む87個で2位、ドーピング問題で選手団として参加できない見通しのロシアが金25個ながら総数は66個で日本を上回ると予測した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン