/

ロッテ佐々木朗、12日にも実戦デビュー

ロッテの佐々木朗希投手が、ZOZOマリンスタジアムで12、13日に行われる中日戦のいずれかで、2年目で初の実戦登板に臨む見通しとなった。5日にZOZOマリンスタジアムでシート打撃に登板し最速152キロをマーク。井口監督は実戦登板させる方針を示し「しっかり仕上がってきている。6日の状態をまた見て次回の登板を決めたい」と話した。登板は1イニングになる予定。

シート打撃に登板したロッテ・佐々木朗(5日、ZOZOマリン)=共同

佐々木朗は安田、藤原、山口、吉田に対し、スライダー、フォークボールを交えて35球を投げた。制球が乱れる場面もあったが安打性の当たりは一本もなく「楽しく投げることができた。1軍を経験している打者の反応を確認したかった」と振り返った。

2月24日に沖縄県石垣市の2軍キャンプでシート打撃に登板し最速149キロをマーク。ZOZOマリンスタジアムでは昨年5月にもシート打撃に登板していた。本拠地で上々の投球を見せ、実戦デビューが見えた。「ここでこれから何回も投げることになると思う。いいパフォーマンスができるように頑張りたい」と力強く語った。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン