/

C大阪、森島寛晃氏が社長就任へ 元日本代表MF

サッカーJ1、C大阪の新社長に元日本代表MFの森島寛晃氏(46)が就任することが7日、分かった。関係者によると、スポンサーのヤンマー、日本ハムの意向で、クラブOBで現在はチーム統括部オペレーショングループ部長(強化部長)の森島氏を選んだという。今月中旬の臨時株主総会を経て正式に決まる。

クラブ初タイトルとなった昨季のYBCルヴァン・カップ、天皇杯全日本選手権の2冠獲得に尽力した玉田稔社長(65)は今季限りで退任する。

森島氏は1991年にC大阪の前身のヤンマーに入団し、攻撃の中心選手として活躍。現役引退まで同クラブ一筋でプレーして「ミスターセレッソ」と呼ばれた。日本代表では、98年と2002年のワールドカップ(W杯)に出場した。08年に引退してからは、アンバサダーを務めてクラブの顔として活動。昨年から強化部長に就いている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン