/

ブラジルでサッカー再開、反対の声も 本田「理由が知りたい」

新型コロナウイルスの感染被害が深刻なブラジルで18日、中断していたプロサッカーが再開し、リオデジャネイロ州選手権のバングー―フラメンゴが行われた。AP通信によると、医療現場の状況にわずかな改善があったとして地元当局が再開を認めたが、本田圭佑が所属するボタフォゴなど同州の複数クラブが反対の姿勢を示している。

ブラジルでは新型コロナによる死者が4万人を超え、リオデジャネイロ州でも約8千人が犠牲となっている。専門家は同国のコロナ禍のピークは8月になると予想する。

試合会場のマラカナン競技場には新型コロナ対応で多くの患者を抱える臨時病院が隣接。競技場の外には抗議するサポーターもいた。ボタフォゴと同様に再開に反対するフルミネンセのビテンコート会長は地元メディアに「病院のそばのマラカナンで開催するべきではないし、試合を今日やるべきではなかった。配慮が足りない」と憤りをあらわにした。

ボタフォゴは22日にカボフリエンセ戦が予定されているが、十分な練習ができておらず、クラブ首脳は試合はできないと主張している。本田はツイッターに「リーグを再開する論理的な理由を知りたいと思うのはおかしい?」と英語で投稿した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン