/

青学・原監督「ライバルは自分自身」 6日に全日本大学駅伝

全日本大学駅伝(6日・名古屋市熱田神宮―三重県伊勢市伊勢神宮=8区間106.8キロ)の監督記者会見が4日、名古屋市内で開かれ、10月の出雲全日本大学選抜駅伝を制した青学大の原晋監督は「ライバルは自分自身。自分たちの力を発揮すれば、おのずと結果はついてくる。勝ちたい」と意気込みを語った。

この日発表されたメンバーエントリーではエースの一色恭志をアンカーに置いた。昨年はこの大会で2位に終わり、大学駅伝3冠を達成できなかっただけに、原監督は「今年はチャンスの年。昨年のリベンジを果たしたい」と必勝を期した。

2連覇を目指す東洋大の酒井俊幸監督は「序盤から主導権を握っていきたい。4区を終えてどのぐらいの位置にいるかがポイントになる」と話した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン