/

江村美咲、フェンシング初のプロに 「価値上げる挑戦」

フェンシング女子サーブルで東京五輪代表を決めた22歳の江村美咲が9日、東京都内で記者会見し、プロ転向を表明した。5社のスポンサー支援を受けるといい「自分の価値をどれだけ上げられるかの挑戦。リスクもあるが、自分を信じて五輪金メダルを目指して頑張る」と抱負を語った。

2024年パリ五輪終了まで所属契約を結んだ不動産賃貸業の立飛ホールディングス(東京都立川市)によると、フェンシングでのプロ転向は初めてという。

大分県出身の江村は昨年3月のワールドカップ(W杯)で3位に入るなど、この種目のエース格。今年3月の国際大会で基準を満たし、1988年ソウル五輪男子フルーレに出場した父宏二さんに続く、親子2代の五輪代表となった。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン