/

サッカーU23、強化試合を中止 森保監督「心苦しい」

日本サッカー協会は6日、東京五輪へ向けた男子のU-23(23歳以下)日本代表の強化試合2試合を、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中止すると発表した。五輪出場権を得ているアフリカ勢を呼び、27日に京都で南アフリカと、30日に福岡でコートジボワールと対戦予定だった。

森保監督は「試合が中止となり、心苦しい思い」とコメント。今回は久保建(マジョルカ)ら海外組の主力を招集する意向で重要な強化機会と位置づけていたが、南アフリカ協会から来日取りやめの文書が届くなど開催が危ぶまれていた。

チームは5月の福島合宿、6月のフランス遠征を経て、7月6日から兵庫県内での直前合宿で本番に備える予定。〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン