/

広島・石原慶幸が引退会見「チームの力になれない」

今季限りで現役を引退する広島の石原慶幸捕手(41)が16日、広島市のマツダスタジアムで記者会見し「すごく幸せな時間だった。真っ赤なファンのみなさんが選手に勇気と力を与えてくれていた」とすっきりした表情で感謝を口にした。

県岐阜商高―東北福祉大から2002年にドラフト4巡目で広島入団。ベストナイン、ゴールデングラブ賞に輝いた16年からリーグ3連覇に貢献し「25年ぶりの優勝がすごく印象深い。3回ともいろいろなうれしさがあったけど、一番記憶に残っている」としみじみと語った。

19年目の今季は出場機会が激減し「チームの力になれないのであれば、引退をしないといけないと思っていた」と夏場に現役生活への別れを決断。8月27日のDeNA戦で左脚を痛めて戦列を離れており、11月7日の阪神戦(マツダスタジアム)で行われる引退セレモニーに向けて「全力で走れるようにリハビリして頑張る」と力強く話した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン