プロ野球

巨人・野上、現状維持の1億5000万円で更改 来年後半に復帰へ

2019/12/6 18:38
保存
共有
印刷
その他

巨人の野上が6日、東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉を行い、3年契約最終年となる来季、現状維持の年俸1億5千万円でサインした。今季は先発登板が1試合だけで13試合に登板して1勝2敗1セーブ、防御率3.50。「けがで始まりけがで終わり、本当に何もできなかった」と悔しそうに語った。

10月の秋季教育リーグの試合中に左アキレス腱を断裂。球団には来年の後半戦からの1軍復帰を期待されたそうで「不安はありつつも、前を向いていきたい」と話した。(金額は推定)〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 ヤクルトは23日、東京都内の球団事務所でスタッフ会議を開いてキャンプの1、2軍メンバーを決め、右肘に軽い炎症があるドラフト1位ルーキー奥川恭伸投手(石川・星稜高)は、宮崎県西都市での2軍でスタートす …続き (23日 19:08)

 ソフトバンクの松田宣浩内野手が23日、ヤフオクドームで契約更改交渉し、5千万円増の年俸4億5千万円プラス出来高払いで今季から新たに2年契約を結んだ。4年契約の最終年だった昨季は5年連続でレギュラーシ …続き (23日 17:19)

打撃練習をするロッテ・福田秀(23日、福岡県糸島市)=共同

 ロッテにフリーエージェント(FA)権を行使してソフトバンクから移籍した福田秀平外野手が23日、福岡県糸島市で練習を公開し、「新人の気持ちでいるが、自分も今年で31歳。体のコンディションを考え、張り切 …続き (23日 16:49)

ハイライト・スポーツ

[PR]