/

藤本が単独首位、1打差で小田孔 東海男子ゴルフ第2日

第2日、17番で第2打を放つ藤本佳則。通算7アンダーで首位(3日、三好CC)=共同

トップ杯東海クラシック第2日(3日・愛知県三好CC=7315ヤード、パー72)24歳でツアー3勝目を狙う藤本佳則が7バーディー、3ボギーの68を出し、通算7アンダーの137で単独首位に立った。

1打差の2位は小田孔明。さらに1打差の3位に近藤共弘、増田伸洋ら5人が並んだ。前週優勝の藤田寛之は通算1アンダーで18位、前回覇者の片山晋呉は2オーバーで40位につけた。通算3オーバーまでの72人が決勝ラウンドに進み、アマチュアで仁川アジア大会代表の小木曽喬(福井工大福井高)は1打及ばず、予選落ちした。(出場107人=アマ10、曇り、気温27.4度、西の風0.9メートル、観衆2012人)〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン