/

田中将大、初登板は17日の日本ハム戦か 監督が可能性明かす

楽天の石井一久監督は9日、右ふくらはぎを痛めて出遅れている田中将大投手の今季初登板は17日に東京ドームで行われる日本ハム戦となる可能性が高いと明らかにした。決定はしていないとした上で「現状では17日の方が強い。何個かあったプランの中で15日はないかな」と説明した。

田中将は3月25日に仙台市内の病院で「右ヒラメ筋損傷」と診断され、開幕2戦目の同27日に予定されていた先発登板を回避した。チームに同行しており、4月8日の試合前練習で変化球を交えて33球を投げ込むなど順調に調整している。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン