/

ロッテ佐々木朗希、公式戦で今季投げず 秋季教育リーグ目標に

ロッテの佐々木朗希投手=共同

ロッテの井口資仁監督は30日、ドラフト1位ルーキーの佐々木朗希投手が今季中の1、2軍公式戦で登板しないことを明らかにした。「今季はちょっと難しそう。まだ、試合レベルに達していない」と述べた。今後は11月8日から2軍の秋季教育リーグとして宮崎県内で開催される「みやざきフェニックス・リーグ」での登板を目指す。

佐々木朗は今季、1軍に同行しながら練習を続けていたものの、27日から2軍に合流していた。井口監督は「ブルペンを見た時は150キロちょっと投げていた。もう少しかなというところまでは来ていた」と説明した。

岩手・大船渡高3年だった昨年4月に最速163キロをマークして脚光を浴び、プロ入り後は5月26日に初めて実戦形式のシート打撃に登板し、160キロを2度記録した。実戦での初登板に期待が高まっていたが、剛速球を投げた後の体への反動が大きく、調整のペースを落としていた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン