/

マラソン鈴木亜由子「万全の状態でメダルを」 五輪代表

東京五輪女子マラソン代表の鈴木亜由子(日本郵政グループ)は本番の1年前となる7日、オンラインで取材に応じ「万全の状態で、最後まで諦めずメダルを目指して走りたい」と抱負を述べた。

オンライン取材に応じる東京五輪女子マラソン代表の鈴木亜由子(7日)=共同

1月に右太もも裏を痛め、6月ごろにも足先などに違和感が出たという。現在は体幹トレーニングなどに取り組んでおり「もう一段上に行くためには、これまでの自分を越えなければいけない。今は力をためる時」と現状を受け止めた。

7月のホクレン中長距離チャレンジではマラソン代表の前田穂南(天満屋)、一山麻緒(ワコール)が自己記録を更新。「どんな状況であれ、練習が積めて心と体が充実していれば結果は出ると改めて思った。最後は自分なんだ、と」と刺激を受けた。今後は11月の全日本実業団対抗女子駅伝での実戦復帰を目指す。年明けに国内でマラソンを走りたい考えで「練習が継続できれば、結果に結び付くと思う。自分を信じて頑張りたい」と決意を語った。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン