/

ロッテ清田、FAせず残留 「井口監督を胴上げしたい」

ロッテは4日、清田育宏外野手(34)が今季取得した海外フリーエージェント(FA)権を行使せず残留すると発表した。今季は70試合に出場して打率2割7分8厘、7本塁打、23打点。球団を通じて「入団した時から尊敬し、目標にしてきた井口監督を胴上げしたい」とコメントした。

また、荻野貴司外野手(35)も昨季取得した国内FA権を行使せず残留すると発表された。球団を通じて「リーグ優勝という目標を達成できていない。優勝の力になれるよう貢献していきたい」と述べた。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン