/

正岡が首位タイ浮上、石川予選落ち 三井住友ゴルフ第2日

三井住友VISA太平洋マスターズ第2日(15日・静岡県太平洋クラブ御殿場=7262ヤード、パー70)4位で出た36歳の正岡竜二が3バーディー、1ボギーの68で回り、通算6アンダー、134としてY・E・ヤン(韓国)と首位に並んだ。2打差の3位は68の時松隆光、ショーン・ノリス(南アフリカ)、朴相賢(韓国)。

前日首位の宮里優作は72で通算3アンダーの6位、賞金ランク1位の今平周吾は72で4オーバーの46位。6オーバーまでの66人が決勝ラウンドに進み、75だった石川遼は12オーバー、79位で2週連続予選落ち。(出場82選手=アマ4、晴れ、気温14.3度、南南西の風2.8メートル、観衆2567人)〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン