/

川村ら2位、李尚熹が首位 ブリヂストン男子ゴルフ第2日

第2日、18番でパットを放つ川村昌弘。通算8アンダーで2位(19日、袖ケ浦CC袖ケ浦)=共同

ブリヂストン・オープン第2日(19日・千葉県袖ケ浦CC袖ケ浦=7119ヤード、パー71)李尚熹(韓国)が68で回り通算9アンダーの133で単独首位を守った。63と伸ばした川村昌弘、未勝利の日高将史、52歳のプラヤド・マークセン(タイ)が1打差の2位。

65をマークした今平周吾が石川遼、重永亜斗夢、片岡大育らとともに通算7アンダーの5位に並んだ。日本オープン選手権を制した稲森佑貴はイーブンパーの55位でぎりぎり予選を通過した。池田勇太は体調不良で途中棄権。(出場102選手=アマ8、曇り、気温20.0度、北北東の風3.6メートル、観衆2184人)〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン