2019年1月21日(月)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

稀勢の里、3場所連続優勝へ「集中して」 宿禰神社で土俵入り

2017/5/12 20:35
保存
共有
印刷
その他

野見宿禰神社で奉納土俵入りをする東横綱稀勢の里(12日、東京都墨田区)=代表撮影・共同

野見宿禰神社で奉納土俵入りをする東横綱稀勢の里(12日、東京都墨田区)=代表撮影・共同

大相撲の東横綱稀勢の里は12日、東京都墨田区の野見宿禰神社で行った土俵入りの後で取材に応じ、3場所連続優勝を懸ける夏場所(14日初日・両国国技館)に向けて「一日一日、集中してやるだけ」と意欲を示した。初優勝からの3連覇となれば、1937年夏場所の双葉山以来、80年ぶりの快挙となる。

左上腕付近に故障を抱えているが、「稽古を始めてすぐから、いけると思った」と説明。初日に小結嘉風、2日目に平幕隠岐の海との対戦が組まれ「平常心で、一生懸命やる」と口元を引き締めた。日本相撲協会の二所ノ関審判部長(元大関若嶋津)は「前半が一番大事。出るからには優勝争いをしてほしい」と期待を寄せた。

「相撲の神様」である野見宿禰を祭った同神社で、横綱に昇進した力士が最初の東京での本場所前に行う土俵入りをした。太刀持ちに高安、露払いに松鳳山を従えて雲竜型を披露し、「身が引き締まる思い。気持ちを込めて堂々とできた」と感想を口にした。〔共同〕

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

白鵬(左)が碧山を下手出し投げで破る

 平成最後になるであろう天覧相撲。天皇陛下に特別な思いを抱き、平成という時代にこだわりを持つ白鵬にとって、絶対に負けられない一番だった。平成の大横綱は「いつも通りという気持ちで土俵に上がった」と振り返 …続き (20日 23:03)

結びの一番で碧山を下し、貴賓席で拍手を送られる両陛下に視線を送る白鵬(20日、両国国技館)=共同

 大相撲初場所8日目(20日・両国国技館)一人横綱の白鵬は平幕碧山を冷静に右下手出し投げで仕留め、8連勝で単独首位を守った。ストレート勝ち越しは46度目で自身の最多記録を更新した。
 2大関はともに黒星 …続き (20日 19:23)

(東) (西)
大奄X―X隆勝
豊山0―0琴恵
千国0―1明生
輝 3―5千翔
矢後0―0勢 
佐海6―4大丸
琴勇0―0阿炎
宝富3―4大栄
竜電2―1魁聖
遠藤1―1阿武
千大1―1朝山
嘉風9―5松鳳
正代3―1碧山
栃煌 …続き (20日 18:26)

ハイライト・スポーツ

[PR]