スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

井上尚弥、2年連続MVP 19年ボクシング表彰

2020/2/7 16:34
保存
共有
印刷
その他

ボクシングの2019年優秀選手が7日に発表され、男子プロ最優秀選手賞は世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)バンタム級統一王者で26歳の井上尚弥(大橋)が2年連続3度目の受賞となった。昨年11月のワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)同級決勝でノニト・ドネア(フィリピン)との激闘を制し、この試合は世界戦年間最高試合に選出された。

ボクシングの2019年優秀選手に選ばれ、表彰式に出席した選手たち(7日、東京都内のホテル)=共同

ボクシングの2019年優秀選手に選ばれ、表彰式に出席した選手たち(7日、東京都内のホテル)=共同

6日にグアム合宿から帰国した井上尚は東京都内で行われた表彰式は体調不良で欠席。「2年続けて素晴らしい賞をいただき光栄。19年はすごく充実した年になった」とのコメントを発表した。

殊勲賞はWBAミドル級王者の村田諒太(帝拳)が初受賞。王座返り咲きを果たした試合を含む2戦ともKO勝ちでKO賞も獲得。日本男子初の世界4階級制覇を達成した世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王者の井岡一翔(Reason大貴)が技能賞に選ばれた。

女子のプロ最優秀選手賞はWBO女子ライトフライ級王者の天海ツナミ(山木)が2年連続2度目の受賞となった。

アマチュアの最優秀選手賞も発表され、男子は岡沢セオン(鹿児島県体協)、女子は並木月海(自衛隊)が受賞した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

 全日本柔道連盟(全柔連)は2日、オンラインで新型コロナウイルス対策委員会を開き、4月から延期となっている全日本選抜体重別選手権、全日本選手権、全日本女子選手権の3大会について、具体案は出ていないもの …続き (2日 20:06)

 全国高等学校体育連盟(全国高体連)空手道専門部は2日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中止となった全国高校総合体育大会(インターハイ)の代わりに、全国の3年生を対象とした個人形の大会をインターネ …続き (2日 17:58)

 柔道男子81キロ級で2018年世界選手権2位の藤原崇太郎=日体大=(22)、同100キロ級で18年ジャカルタ・アジア大会優勝の飯田健太郎=国士舘大=(22)が来春の卒業後に実業団の旭化成に進むことが …続き (2日 11:51)

ハイライト・スポーツ

[PR]