/

広島・菊池涼、8年連続受賞 ゴールデングラブ賞

プロ野球の守備のベストナインを選ぶ三井ゴールデングラブ賞が18日に発表され、二塁手として史上初の守備率10割を記録した広島の菊池涼介二塁手が8年連続8度目の受賞を果たした。二塁手での8年連続は1988~94年の辻発彦(西武)を超えて最長となった。

三井ゴールデングラブ賞を受賞した広島・菊池涼(18日、東京都千代田区)=共同

中日の大島洋平外野手も8度目の選出で、今回のメンバーの中では菊池涼と並び最多だった。初受賞は中日のビシエド一塁手、ソフトバンクの中村晃一塁手、西武の外崎修汰二塁手、日本ハムの大田泰示外野手の4人。ヤクルトの青木宣親外野手は9年ぶりに選ばれた。

球団別では中村晃の他に千賀滉大投手、甲斐拓也捕手、柳田悠岐外野手が選出されたソフトバンクの4人が最多。過去に二塁手で1度選ばれている楽天の鈴木大地三塁手は二つ目のポジションでの受賞となった。

選考は全国の新聞、通信、放送各社のプロ野球担当者の投票で行われ、有効投票数はセが300、パが269。最多得票はセが菊池涼の283票、パが甲斐の267票だった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン