/

阪神・金本監督、若手に「大きく育って」 今季限りで辞任

練習中に笑顔を見せる阪神の金本監督。左は梅野(12日、甲子園)=共同

今季限りで辞任するプロ野球阪神の金本知憲監督が12日、兵庫県西宮市の甲子園球場で行われた若手主体の指名練習に姿を見せ「彼らが今後大きく育ってほしいという目で見ていた」と晴れやかな表情で話した。13日のナゴヤドームでの中日戦が最後の指揮となる。

練習前には選手、コーチらに金本監督ではなく、谷本修球団本部長から退任が伝えられた。この3年間で15勝にとどまった藤浪晋太郎投手は「びっくりしたのが一番。自分の苦しい時と重なったのがあって、成績を残せなかったのが残念」と神妙な面持ちだった。

2017年にドラフト1位で入団し、4番も務めた大山悠輔内野手は「プロの世界に導いてくれた方なので感謝の気持ちでいっぱい。結果で恩返ししたかったけどできなくて悔しい」と語った。

今季、全試合出場を続ける2年目の糸原健斗内野手は「僕ら若手がしっかり結果を出すことで恩返しというか、監督もうれしいと思う。教わったことを継続してやっていきたい」と気を引き締めていた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン