/

田中「世界をイメージ」 日本選手権クロスカントリーへ抱負

陸上の日本選手権クロスカントリー(27日・福岡市海の中道海浜公園)に出場する有力選手が26日、オンラインで記者会見し、東京五輪女子5000メートル代表の田中希実(豊田自動織機TC)は「(起伏のあるコースを走るため)必然的にペースが変動する。世界のトラックレースのイメージがつくれれば」と出場の狙いを語った。田中は一昨年の大会で優勝した。

オンラインで記者会見する田中希実(26日)=共同

女子5000メートルで東京五輪出場を狙う萩谷楓(エディオン)は「(今大会を)ステップアップにしたい」と意気込んだ。

男子3000メートル障害で昨年7月に日本歴代2位の記録を出した19歳の三浦龍司(順大)は「トラックにいい形でつなげたい」と抱負を述べた。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン