/

サッカーACL、G大阪はドロー H組2位に後退

サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は1日、バンコクなどで東地区の1次リーグが行われ、G組の名古屋は3-0でラチャブリ(タイ)に快勝、4連勝で勝ち点12として同組首位を維持した。後半にマテウス、柿谷、山崎がゴールを奪った。

H組のG大阪はチェンライ(タイ)と対戦、後半開始早々にレアンドロペレイラが先制したものの、終了間際に追い付かれて1-1で引き分けた。1勝2分けの勝ち点5で同組2位に下がった。全北(韓国)が2勝1分けの勝ち点7で首位に立った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン