プロ野球

巨人、村田と来季契約結ばず 鹿取GM「苦渋の決断」

2017/10/13 17:59
共有
保存
印刷
その他

 巨人は13日、通算360本塁打をマークしている村田修一内野手(36)と来季の契約を結ばないと発表した。チームは若返りを図っており、来季以降に十分な先発出場の機会を与えられないと判断した。村田は他球団でのプレーを目指す。

 鹿取義隆ゼネラルマネジャー(GM)は東京都内での交渉後に取材に応じ「まだ十分選手としての力はあると思うが、チームが若返りを図るためにこういうことになった。苦渋の決断でした」と説明。村田は「はっきり言ってくださって、本当にありがとうございました」と答えたという。

 プロ15年目の今季は開幕当初こそ新加入のマギーに三塁の定位置を譲ったが、118試合に出場し、打率2割6分2厘、14本塁打、58打点。通算2千安打にはあと135本としている。

 村田は東福岡高から日大を経て自由獲得枠で2003年に横浜(現DeNA)に入団し、07、08年と2年連続で本塁打王を獲得。フリーエージェント(FA)権を行使して12年から巨人でプレーしていた。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球コラム

プロ野球 一覧

 雨中に行われた15日の第2戦で21安打を放ったDeNA。水浸しのグラウンドでしばしば打球が止まるなどの幸運がなければ「半分は安打にならなかった」とラミレス監督は謙遜したが、一日おいてきれいなグラウン …続き (17日 23:38)

阪神を破ってCSファイナルステージ進出を決め、喜ぶDeNAナイン(17日、甲子園)=共同

 プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)は17日、セ・リーグのファーストステージ最終第3戦が甲子園球場で行われ、レギュラーシーズン3位のDeNAが2位阪神に6―1で快勝し、2連勝で対戦成績を2勝1敗 …続き (17日 21:34)

今季3度目の月間MVPを受賞し、ポーズをとる巨人・菅野(17日、川崎市のジャイアンツ球場)=共同

 セ、パ両リーグは17日、9、10月の月間MVPを発表し、セは菅野投手(巨人)と松山外野手(広島)、パは菊池投手と山川内野手の西武勢が選ばれた。菅野は5、7月に続く今季3度目の受賞で、山川は2カ月連続 …続き (17日 15:35)

ハイライト・スポーツ

[PR]