2018年7月23日(月)

プロ野球

巨人、村田と来季契約結ばず 鹿取GM「苦渋の決断」

2017/10/13 17:59
保存
共有
印刷
その他

 巨人は13日、通算360本塁打をマークしている村田修一内野手(36)と来季の契約を結ばないと発表した。チームは若返りを図っており、来季以降に十分な先発出場の機会を与えられないと判断した。村田は他球団でのプレーを目指す。

 鹿取義隆ゼネラルマネジャー(GM)は東京都内での交渉後に取材に応じ「まだ十分選手としての力はあると思うが、チームが若返りを図るためにこういうことになった。苦渋の決断でした」と説明。村田は「はっきり言ってくださって、本当にありがとうございました」と答えたという。

 プロ15年目の今季は開幕当初こそ新加入のマギーに三塁の定位置を譲ったが、118試合に出場し、打率2割6分2厘、14本塁打、58打点。通算2千安打にはあと135本としている。

 村田は東福岡高から日大を経て自由獲得枠で2003年に横浜(現DeNA)に入団し、07、08年と2年連続で本塁打王を獲得。フリーエージェント(FA)権を行使して12年から巨人でプレーしていた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

八回途中、日本ハムに追加点を許し降板するソフトバンク・加治屋(左端)=共同

 ソフトバンクの貯金が底をついた。日本ハムとの3連戦にひとつも勝てず4連敗でBクラス転落。分厚い戦力で開幕前には優勝候補筆頭とみられた王者のエンジンが、折り返し地点を過ぎてもかからない。
 五回を終えて …続き (22日 23:36)

5回広島1死、鈴木が左中間に同点ソロを放つ(22日、マツダ)=共同

 広島が5本塁打で3連勝した。0―6の四回にバティスタのソロ、五回に田中と丸の2ラン、鈴木のソロで5点を挙げ同点。七回に丸の20号2ランで勝ち越した。永川が2年ぶりの勝利。巨人は3連敗で自力優勝の可能 …続き (22日 22:10)

8回、勝ち越しソロを放ち、ナインに迎えられるヤクルト・山田哲(22日、神宮)=共同

 ヤクルトが3連勝。4―4の八回、山田哲が3戦連発となる決勝の22号ソロ本塁打を左越えに放った。五回から4投手が無失点でつなぎ、流れを引き寄せた。石山は14セーブ。中日はモヤの2本塁打も実らず、八回は …続き (22日 21:41)

ハイライト・スポーツ

サッカーワールドカップ2018

[PR]