プロ野球

巨人、村田と来季契約結ばず 鹿取GM「苦渋の決断」

2017/10/13 17:59
共有
保存
印刷
その他

 巨人は13日、通算360本塁打をマークしている村田修一内野手(36)と来季の契約を結ばないと発表した。チームは若返りを図っており、来季以降に十分な先発出場の機会を与えられないと判断した。村田は他球団でのプレーを目指す。

 鹿取義隆ゼネラルマネジャー(GM)は東京都内での交渉後に取材に応じ「まだ十分選手としての力はあると思うが、チームが若返りを図るためにこういうことになった。苦渋の決断でした」と説明。村田は「はっきり言ってくださって、本当にありがとうございました」と答えたという。

 プロ15年目の今季は開幕当初こそ新加入のマギーに三塁の定位置を譲ったが、118試合に出場し、打率2割6分2厘、14本塁打、58打点。通算2千安打にはあと135本としている。

 村田は東福岡高から日大を経て自由獲得枠で2003年に横浜(現DeNA)に入団し、07、08年と2年連続で本塁打王を獲得。フリーエージェント(FA)権を行使して12年から巨人でプレーしていた。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球コラム

プロ野球 一覧

 1点を返され、なお2死三塁の六回は147キロで会沢を空振り三振にとってガッツポーズ。既に112球を投じながら任された七回は三者凡退に片付けた。粘り強い広島打線にも、球審の辛い判定にも、DeNAのルー …続き (19日 23:56)

3回DeNA2死満塁、宮崎が左前に先制の2点打を放つ(19日、マツダ)=共同

 プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ(6試合制)は19日、セ、パ両リーグともに第2戦が行われ、マツダスタジアムで行われたセは3位から勝ち上がったDeNAがリーグ2連覇の広島に6 …続き (19日 22:02)

5回広島2死満塁、田中が中前に先制の2点打を放つ(18日、マツダ)=共同

 プロ野球はクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ(6試合制)が18日、セ、パ両リーグともに開幕し、マツダスタジアムで行われたセはリーグ2連覇した広島が2年連続でレギュラーシーズン3位から勝 …続き (18日 21:20)

ハイライト・スポーツ

[PR]