2019年4月23日(火)

プロ野球

中日・松坂「少し前進」 キャッチボール再開

2019/3/8 15:29
保存
共有
印刷
その他

中日の松坂大輔投手が8日、2月中旬に右肩の違和感を訴えて以降、行っていなかったキャッチボールを初めて再開した。痛めていた右肩を気にするそぶりもなく「体全体を使って投げられていた。少し前進できた」と語った。ナゴヤ球場の室内練習場で、最大約20メートルの距離から約70球を投げた。

キャッチボールを再開した中日・松坂(8日、ナゴヤ球場)=共同

キャッチボールを再開した中日・松坂(8日、ナゴヤ球場)=共同

指にかかった強い球もあり「もう少し距離を延ばしてもいいかなと思った。焦らないように強度を上げる」と回復ぶりは順調な様子。与田監督は「かなりよくなってきているということだった。本人の表情も明るくなって安心した」と話した。

松坂は2月、沖縄県北谷町でのキャンプでファンと接触。右肩の炎症と診断され、途中でキャンプを離脱した。その後は別メニューで調整し、3月2日からネットに向かってボールを投げる練習を始めた。〔共同〕

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

7回ソフトバンク無死、内川が左越えに勝ち越しソロを放つ(22日、東京ドーム)=共同

 【ソフトバンク 3―1 オリックス】ソフトバンクは0―1の六回に松田宣の適時二塁打で追い付き、七回に内川の2号ソロで勝ち越した。八回はデスパイネの適時打で加点。六回途中から継投に入り、2回無失点の新 …続き (22日 21:25)

苦境を打開できるか、広島・緒方監督の投手陣再整備にも注目だ=共同

 プロ野球開幕から1カ月弱が経過し、12球団の明暗が分かれ始めた。ひとまず補強成功のチーム、やりくりに苦しむチーム。今季のペナントの行方はどうなるのか。まずは4連覇を狙う広島が出遅れたセ・リーグについ …続き (22日 11:50)

6回、2死一、二塁の好機で二ゴロに倒れた阪神・梅野(左)=共同

 阪神の西は移籍して初の巨人戦。しかも平成最後の伝統の一戦のマウンドを任されて、意気に感じたことだろう。初回からエンジン全開で丸、岡本を高めの速球で空振り三振。二回も亀井、ゲレーロを三振に仕留めた。
…続き (21日 23:09更新)

ハイライト・スポーツ

[PR]