プロ野球

中日・松坂「少し前進」 キャッチボール再開

2019/3/8 15:29
保存
共有
印刷
その他

中日の松坂大輔投手が8日、2月中旬に右肩の違和感を訴えて以降、行っていなかったキャッチボールを初めて再開した。痛めていた右肩を気にするそぶりもなく「体全体を使って投げられていた。少し前進できた」と語った。ナゴヤ球場の室内練習場で、最大約20メートルの距離から約70球を投げた。

キャッチボールを再開した中日・松坂(8日、ナゴヤ球場)=共同

キャッチボールを再開した中日・松坂(8日、ナゴヤ球場)=共同

指にかかった強い球もあり「もう少し距離を延ばしてもいいかなと思った。焦らないように強度を上げる」と回復ぶりは順調な様子。与田監督は「かなりよくなってきているということだった。本人の表情も明るくなって安心した」と話した。

松坂は2月、沖縄県北谷町でのキャンプでファンと接触。右肩の炎症と診断され、途中でキャンプを離脱した。その後は別メニューで調整し、3月2日からネットに向かってボールを投げる練習を始めた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

今夏の岩手大会で注目された大船渡の佐々木朗希投手=共同

 プロ野球のドラフト会議が17日、東京都内で開かれる。目玉は最速163キロで「令和の怪物」とも言われる佐々木朗希(岩手・大船渡高)と、今夏の甲子園で準優勝した奥川恭伸(石川・星稜高)の2人の高校生投手 …続き (16日 20:54)

 ソフトバンクが工藤公康監督(56)に来季の続投を要請していたことが16日、分かった。今季が契約最終年だった。受諾に支障はないとみられ、来季が6年目となる。
 故障者が相次いだ今季は前半戦で独走態勢を築 …続き (16日 20:50)

 プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)が17日午後5時から東京都内のホテルで開かれる。アマチュア球界一の豪腕として注目される岩手・大船渡高の佐々木朗希投手は日本ハム、ロッテ、西武が1位指名を明言 …続き (16日 19:45)

ハイライト・スポーツ

[PR]