/

柔道GP、原沢や高藤らが出場へ モントリオール大会

全日本柔道連盟は28日、グランプリ大会(7月5~7日・モントリオール)の出場選手を発表し、世界選手権(8月25日~9月1日・日本武道館)代表勢では男子が100キロ超級で2016年リオデジャネイロ五輪銀メダルの原沢久喜(百五銀行)、3連覇を狙う60キロ級の高藤直寿(パーク24)が選ばれた。

女子では2連覇を目指す78キロ超級の朝比奈沙羅(パーク24)と浜田尚里(自衛隊)、混合団体メンバーで男子73キロ級の橋本壮市(パーク24)が派遣される。リオ五輪で90キロ級覇者のベイカー茉秋(日本中央競馬会)、いずれも3位で100キロ級の羽賀龍之介、81キロ級の永瀬貴規(ともに旭化成)も出場する。〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン