/

広島、阪神戦3試合を中止に 10人がコロナ感染で

プロ野球広島は21日、広島市のマツダスタジアムで同日から予定していた阪神3連戦を中止にすると発表した。チーム内で計10人の新型コロナウイルス陽性者が出ていた。

球団では17日に菊池涼介、小園海斗両内野手と正随優弥外野手の感染が判明。20日に1、2軍の監督とコーチ、選手にスタッフを含めた計146人がPCR検査を受け、鈴木誠也、長野久義、大盛穂の3外野手、羽月隆太郎内野手、石原貴規捕手と、朝山東洋打撃コーチとスタッフ1人の計7人が新たに陽性と判定された。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン