2019年7月22日(月)

プロ野球

現役ドラフト制度を議論 プロ野球選手会が臨時大会

2019/7/12 20:05
保存
共有
印刷
その他

日本プロ野球選手会は12日、東京都内で臨時大会を開き、日本野球機構(NPB)に実現を求めている現役ドラフト制度について議論した。

日本プロ野球選手会の臨時大会を終え、記者会見する炭谷銀仁朗会長(左)と大島洋平理事長(12日、東京都内のホテル)=共同

日本プロ野球選手会の臨時大会を終え、記者会見する炭谷銀仁朗会長(左)と大島洋平理事長(12日、東京都内のホテル)=共同

現役ドラフトは出場機会に恵まれない選手を救済するため、他球団の現役選手を指名して移籍させる制度。NPBからは具体案が提示されており、炭谷銀仁朗会長(巨人)は「頻度や対象選手の人数などまだまだ論点はあるが、ぜひ導入すべき制度。しっかり話し合ってより良いものにしていければ」と話した。

また昨年の西日本豪雨の復興支援を兼ねて、幼稚園児らに野球に親しんでもらうためのボール遊び教室「キッズボールパークinくらしき」を12月1日に岡山県倉敷市で行うことを発表した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

6回西武無死一、三塁、山川が左中間に逆転3ランを放つ=共同

 四回1死二塁、西武・山川の打球は投手のグラブをはじいて二塁手の前へ転がった。一塁への送球は際どいタイミングでアウトと判定されたが、辻監督のリクエストで覆った。山川らしい豪快な一打ではなかったが、この …続き (2:18)

7回2失点で4勝目を挙げた阪神・西(21日、甲子園)=共同

【DeNA5―4中日】DeNAは3連勝で約3カ月ぶりに貯金をつくった。三回はロペスの満塁本塁打と乙坂の適時打で一挙5点。大貫は5回2失点で5勝目、山崎は5年連続の20セーブ。中日は笠原が崩れ、反撃も及 …続き (21日 22:17更新)

八回、2打席連続の2ランを放ちガッツポーズのバティスタ=共同

 ビハインドは2点ながら、五回まで巨人打線に8安打を浴びた。防戦一方だった広島を、バティスタの殊勲の2発が救った。
【20日のプロ野球 結果と戦評】
 前日は見逃しの2つを含む3三振と振るわなかった大砲が …続き (20日 23:30)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。