/

広島・永川が現役引退 球団最多の通算165セーブ

広島は6日、球団最多の通算165セーブ記録を持つ永川勝浩投手(38)が今季限りで現役を引退すると発表した。23日に引退記者会見を行い、同日にマツダスタジアムで行われる中日戦で引退セレモニーに臨む。

広島新庄高、亜大を経て、2003年に自由枠で広島に入団し、1年目から主に救援投手として活躍。07年からは3年連続で30セーブをマークし、09年に球団の通算最多セーブ記録を更新した。今季は1軍での出場はなく、通算526試合に登板し、38勝42敗、165セーブ、防御率3.47。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン