プロ野球

広島・永川が現役引退 球団最多の通算165セーブ

2019/9/6 15:42
保存
共有
印刷
その他

永川勝浩投手=共同

永川勝浩投手=共同

広島は6日、球団最多の通算165セーブ記録を持つ永川勝浩投手(38)が今季限りで現役を引退すると発表した。23日に引退記者会見を行い、同日にマツダスタジアムで行われる中日戦で引退セレモニーに臨む。

広島新庄高、亜大を経て、2003年に自由枠で広島に入団し、1年目から主に救援投手として活躍。07年からは3年連続で30セーブをマークし、09年に球団の通算最多セーブ記録を更新した。今季は1軍での出場はなく、通算526試合に登板し、38勝42敗、165セーブ、防御率3.47。〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

梨田昌孝氏=共同

 プロ野球楽天などで監督を務め、野球評論家の梨田昌孝氏(66)が新型コロナウイルスに感染したと1日、マネジメント会社が発表した。感染経路は不明という。
 同社によると梨田氏は3月25日に倦怠感を訴え、2 …続き (16:57)

 西武は1日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、3~5日は練習をせず、1、2軍ともに自宅待機にすると発表した。メットライフドームでの全体練習前に飯田光男球団本部長が監督、コーチ、選手、スタッフを …続き (13:13)

 プロ野球パ・リーグ各球団の社長が31日、オンライン会議を開き、新型コロナウイルスの感染が拡大している状況を踏まえ、目標としている4月24日の公式戦開幕は難しいという見解で一致した。リーグ関係者が明ら …続き (31日 21:01)

ハイライト・スポーツ

[PR]