その他スポーツ

体操、強化拠点での同時練習6人まで 協会がガイドライン

2020/5/29 16:40
保存
共有
印刷
その他

日本体操協会は29日、新型コロナウイルス感染予防対策のガイドラインを発表し、体操が強化拠点とする東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)の利用再開にあたり、最初は同時に練習できる選手数を男女各6人までに定めた。利用できる人数や時間は段階的に増やしていく方針。

NTCは緊急事態宣言の解除に伴い、個人での屋内施設の利用が可能な段階となった。国立スポーツ科学センター(JISS)を使うトランポリンも当初は人数と時間に制限を設け、新体操は団体、個人の順で利用を始めていく。

施設の利用者には毎日午前と午後の検温、コーチには指導の際のマスク着用を求めることなども盛り込んだ。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 男子テニスの世界ランキング1位で、新型コロナウイルスの感染が判明していたノバク・ジョコビッチ(セルビア)と妻のエレナさんがPCR検査を受けて陰性だったと2日、ジョコビッチの広報担当者が明らかにした。 …続き (2日 23:47)

 新型コロナウイルスの影響でスポーツの活動自粛を余儀なくされた小規模な団体やフリーランスの個人を対象に、日本スポーツ協会が最大150万円を支給する助成制度を設けることが2日、関係者の話で分かった。経済 …続き (2日 22:55)

対人の実戦練習で汗を流す女子サーブルの江村美咲=奥(2日、静岡県沼津市)=共同

 フェンシングの日本代表が2日、静岡県沼津市で強化合宿を開始し、男女サーブルのトップ選手が報道陣に練習を公開した。女子の江村美咲(中大)は「いつもよりみんなとコミュニケーションを取る機会が増えている。 …続き (2日 20:51)

ハイライト・スポーツ

[PR]